寄付のご報告

「花は咲く」の著作権利用料(印税)をNHK厚生事業団を通じて日本赤十字社に寄付するプロジェクトが10年の経過を持って2021年3月末で終了しました。10年間で3億円近い金額(作詞分、出版社分含む)を寄付することができました。様々な形で曲を利用してくださった方々に厚く御礼申し上げます。

菅野よう子の意思に基づき、引き続き「花は咲く」「Ray of Water」「Journey to Harmony」の作曲にかかわる分の著作権利用料収入(いわゆる印税、弊社の出版社取り分を含む)、 これら楽曲の弊社譜面ショップでの譜面の売上額を慈善団体に直接寄付しておりますので、以下、ご報告いたします。

最終更新2022年12月18日

2022年

本年は、以下の各団体に寄付を行いました。

2021年

12月20日

以下の団体に「花は咲く」「Ray of Water」「Journey to Harmony」の著作権利用料(作曲分)等の収入から320万円を寄付いたしました。本年は収入の一部しか寄付できていないので、残りは来年に持ち越します。楽曲をご利用いただいた方、譜面をご購入いただいた方、ありがとうございました。

深刻な危機にある方々の助けになりますように。

2月10日

2021年2月9日までの当サイトでの「花は咲く」「Ray of Water」「Journey to Harmony」の楽譜売上金全額(405,477円)を、子ども食堂を支援しているNPO「むすびえ」さんに寄付いたしました。

譜面を買ってくださった皆さん、ありがとうございました。

一人でも多くの子どもたちが、美味しいご飯を食べられますように。また、厳しい状況の中で子ども食堂を運営されている方々の一助になりますように。


Q:著作権利用料(JASRACへの支払い)などがあると思いますが、なぜ売上全額なのですか?

A:計算が苦手なので、一番わかりやすい売上金額にしました。

Q:今後も「むすびえ」さんに寄付するのですか?

A:今後の寄付計画は未定です。

Q:楽譜売上以外の収益はどうなりますか?

A:何らかの形で寄付したいと考えていますが、いつどこにというのは未定です。